人口が増加する地球で食料、エネルギーおよび衣服を供給するという課題を考える際、当社では一つの答えを見るのではなく、何百という可能性を視野に入れます。

当社で最も知名度が高いのが、バイオテクノロジーにおける進歩で、1996年以降、農業生産者はトウモロコシ、ダイズ、ワタなどの重要な作物で収量を高めるためにバイオテクノロジー種子を使ってきました。しかし、バイオテクノロジーは当社の事業内容の一部にすぎません。


当社の5つの事業分野

当社は、バイオテクノロジーに加え、農業を改善するための他の技術革新も用いています。これらの1つは、従来の植物育種を改善する新しい方法を開発することです。他の改善は、農薬、生物農薬、機械装置の技術など作物栽培手法上のソリューションを通じて実現されます。これらの取り組みにの詳細をより良いシステムを構築するで説明します。

当社のアプローチを推進するもの

当社の責務は、農業の問題と課題を分析し、人類の技術革新を用いてソリューションを見つけることであると確信しております。ときには、この技術革新は科学的進歩となって現れ、それには害虫抵抗性トウモロコシ、ダイズ、ワタの種子などや、栄養が高くなるよう育種された野菜種子、あるいは、農業生産者が1㎡単位まで播種と施肥を調節できるような、衛星制御の精密農業システムがあります。一方、これらすべての共通点は、地球上の限られた資源、そして人間の想像力という無限の資源を用いて、人口を養うための人類の取り組みの前進を表しているということです。

このセクションについて

農業の技術革新、バイオテクノロジーと育種の基礎、栽培手法、安全性および当社が取り組んでいる技術革新の主要分野について説明します。