• Producing More

    生産性の向上

    農業生産者の皆様が2000年を基準に2030年にはトウモロコシ、ダイズ、ワタ、春播きカノーラの収量レベルを倍増するのに役立つよう、高品質の種子と栽培手法を開発します。

    生産性の向上 »

  • Conserving More

    資源の保全

    動植物の生息域の喪失を削減し、また水質を改善しながらも、2000年対比で2030年には、同じ収穫量を得るのに必要な主要資源を3分の1削減できる種子、栽培方法を開発することで、資源を保全します。

    資源の保全 »

  • Improving Lives

    生活の改善

    2020年までに、今後さらに約500万人増えるとされる資源に恵まれない農業生産者やその家族の生活を改善します。

    生活の改善 »